釣研のウキ一覧

釣研のウキ一覧

オールフリー

トーナメントゼクトS

カットななめ円錐技

 

 

 

釣研のオールフリーとは?使い方は?  釣研のトーナメントゼクトSとは?使い方は?  釣研のカットななめ円錐技とは?使い方は? 

全遊動テクニカル

ツインフォース全遊動

浦島円錐極

 

 

 

釣研の全遊動テクニカルとは?使い方は?  釣研のツインフォース全遊動とは?使い方は?  釣研の浦島円錐極とは?使い方は? 

オペレート

エイジアマスターピース

ツインフォース沈め

 

釣研のオペレートとは?使い方は? 釣研のエイジアマスターピースとは?使い方は? 釣研のツインフォース沈めとは?使い方は? 

煌黒

大征黒

瞬黒

 

 

 

釣研の煌黒とは?使い方は?  釣研の大征黒とは?使い方は?  釣研の瞬黒とは?使い方は? 

釣研のウキ一覧記事一覧

釣研の瞬黒とは?使い方は?このウキは、黒鯛狙い専用のウキで、遠投性と操作性に優れたウキです。瞬黒まずは、瞬黒と言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。LS(Low Stopper)搭載で風・波の影響を抑えつつ、素早い糸落ちを可能にした上部4mm、下部2mmの穴径を使用したL...

釣研の大征黒とは?使い方は?クロダイ狙いの時に使いたいスタンダードモデルのウキです。大征黒まずは、大征黒と言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。信頼の円錐形状に更なる遠投性をプラス使いやすさで定評の「征黒」をベースに、ボディを大型化。0号で約18gの重量設定とすることで、...

釣研の煌黒とは?使い方は?クロダイ狙いをコンセプトに作られてるウキシリーズの一つです。狙いのタナまでスムーズに落とす事が出来るうきです。煌黒まずは、煌黒と言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。道糸と糸穴の接触抵抗を低減するLS構造搭載糸落ち速度の低下は、大切なツケエをエサ...

釣研のツインフォース沈めとは?使い方は?ツインフォースの沈めは、下ウキを沈めるのは当たり前ながら、上ウキまで沈めてしまうウキです。強風時に使いたいウキです。ツインフォース沈めまずは、ツインフォース沈めと言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。上・下ウキとも水面下へ沈め、風の...

釣研のエイジアマスターピースとは?使い方は?猪熊博之さんのこだわりを詰め込んだウキですね。この特徴を説明していきます。エイジアマスターピースまずは、エイジアマスターピースと言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。極限まで細分化された新浮力基準が「浮力」の概念を変えるフカセ釣...

釣研のオペレートと言うウキとは?使い方は?このウキは横井公一さんのこだわりを形にしたウキです。イメージ通りに操作して意のままに喰わせようというウキです。オペレートまずは、オペレートと言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。ツケエの有無を確実にキャッチする超精密浮力ガン玉を基...

釣研の浦島円錐極と言うウキの使い方と選び方は?形状を見れば通常の円錐ウキとの違いは解ると思います。そうです!くぼみがあるのです。浦島円錐極まずは、浦島円錐極と言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。ドッジラインが究極の潮受け性能を実現表面積を極限まで広げるドッジライン(側面...

釣研のツインフォース全遊動とは?使い方は?このウキが、ツインフロート全遊動釣法の基本モデルです。ツインフロートで釣ってみたいと思ったら、このウキからでしょう。ツインフォース全遊動まずは、ツインフォースと言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。上下一体で飛行するためトラブルが...

釣研の全遊動テクニカルは?使い方は?このウキの特徴は、超低重心の小粒モデルであることです。競技専用というくらいの繊細さがあります。全遊動テクニカルまずは、全遊動テクニカルと言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。超低重心オモリ搭載で、小粒なのに遠投が可能これまでの低重心オモ...

釣研のカットななめ円錐 技と言うウキは?使い方は?このウキの特徴は、水面に浮くとななめになる事です。このななめになるウキは、大好きなウキのひとつです。カットななめ円錐 技まずは、カットななめ円錐 技と言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。30度の傾きが遠近を問わず素早い糸...

釣研のトーナメントゼクトSと言うウキとは?使い方は?近場から中距離までを専用に狙うのに威力を発揮するウキです。トーナメントゼクトSまずは、トーナメントゼクトSと言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。瀬際から中距離の喰い渋るターゲット専用のSサイズSサイズは魚の警戒心が最も...

釣研のオールフリーと言うウキの使い方は?マキエとツケエが同調しやすく!をテーマに作られたウキですね。メーカーも全自動釣法専用のウキ!と言っているウキです。オールフリーまずは、オールフリーと言うウキを見てみましょう。次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。軽い浮力のウキを沈めながらマキエと同調させる「...