釣研のエイジアマスターピースとは?使い方は?

釣研のエイジアマスターピースとは?使い方は?

釣研のエイジアマスターピースとは?使い方は?猪熊博之さんのこだわりを詰め込んだウキですね。

 

この特徴を説明していきます。

 

エイジアマスターピース

まずは、エイジアマスターピースと言うウキを見てみましょう。

 

 

次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。

 

極限まで細分化された新浮力基準が「浮力」の概念を変える
フカセ釣りの究極目標である「ツケエとマキエのより完璧な同調」を可能にするため、ガン玉を基準としたこれまでの浮力表示ではなく、更に細かく浮力設定を行なった新浮力基準を採用。今までどうしても喰わせることの出来なかった1尾を手中にできる、極限の浮力設定を実現しました。

 

このウキの最大の特徴が、浮力の細分化です。

 

細分化とはどういう事?と思いますね。従来のウキは、ある基準値ないであれば、その浮力として設定されていました。

 

例えば、イメージですが、浮き加減と沈み加減が1から10までが0号ウキだったとすると、このエイジアマスターピースは、1から3までが0号ウキとするようなイメージです。

 

少し解りにくいですか?基準値を狭めたというイメージです。

 

釣研ウキ史上最強の強度!ミラクルダンパーコーティング
単なる強度だけを求めた過剰なコーティングは、素材本来が持つバランス等の長所を大きく損なってしまいます。新開発のミラクルダンパーコーティングは、釣研ウキ史上最強レベルの耐衝撃性能を備えるだけでなく、潮なじみや水面でのバランス等、木材本来が持つポテンシャルを最大限引き出すことに成功しました。

 

この丈夫と言うのはありがたいですよね。お小遣いで磯釣りを楽しむ人にとっては、ウキもお安くないですからね。

 

ハリ外れから、ウキが岩場に激突して、塗装が簡単にはがれると使い物にならなくなってしまいますからね。

 

それもただ丈夫なら良いと言うわけではないですからね。機能を損なわないで強度アップは嬉しいです。

 

「NEO・フリクションゼロシステム」で糸落ちと感度が更にアップ
圧倒的な糸落ちと感度で定評のフリクションゼロシステムが更に進化。セット時の糸通りの良さを更に高める一方、撥水性に優れたテフロンパイプを新たに搭載し、穴径φ2mm→φ2.5mm→φ2mmの基本構造はそのままに、これまで以上に鋭敏な感度と素早い糸落ち性能を発揮します。

 

SICより軽く滑らか!新開発AGR(アルミゴールドリング)を上下に装備
一般的なSIC(シリコンカーバイト)素材に比較して、約16%軽量なアルミニウムを上下リングの素材として採用。滑らかな糸すべりは勿論のこと、木材本来が持つ水面での高い安定性を実感いただけます。

 

長期にわたる使用にも消えにくい高耐久性浮力表示マーク(押印)
浮力や重量など、ウキ表面の表示マーク(押印)が長期にわたって消えにくい特殊加工を施しました。

 

このウキの様に、下ブクレのウキは見た目は何かカッコ悪いですよね。繊細さが無くも見えますし・・・

 

でも私はこの下ブクレのウキは大好きな形状です。通常はドングリ型のウキが多いですが、波がもんでいるいるようなポイントで、ポイントから離れて欲しくない時などによく使います。

 

見た目以上に使いやすいウキですよ。

 

激安品を探す!
↓   ↓
ヤフーショッピングのエイジアマスターピース一覧

 

楽天市場のエイジアマスターピース一覧

 

アマゾンのエイジアマスターピース一覧