釣研のオールフリーとは?使い方は?

釣研のオールフリーとは?使い方は?

釣研のオールフリーと言うウキの使い方は?マキエとツケエが同調しやすく!をテーマに作られたウキですね。

 

メーカーも全自動釣法専用のウキ!と言っているウキです。

 

オールフリー

まずは、オールフリーと言うウキを見てみましょう。

 

 

次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。

 

軽い浮力のウキを沈めながらマキエと同調させる「全自動釣法」に完全対応
仕掛けをウキごと沈めながら、マキエとツケエをより長い時間同調させて釣る「全自動釣法」専用に開発されたモデルです。極小ガン玉での調整による微妙な速度での仕掛け沈降を実現するため、00号、0号、G2の3種類のみの浮力設定としています。

 

説明のように、このウキは、ウキごと沈めて釣る用に作られたウキです。小さなガン玉を調整しながら、ゆっくり沈めるようにして釣ります。

 

初心者の人は、ウキが沈んだら見えないじゃん!と思う人もいるでしょう。このようなウキは、ウキを見て当たりをとりません。

 

ラインや竿先、手元にガツンとくる当たりでとるのです。ウキがスパッと消し込むような、当たりが目に見えないのは多少つまらなくも感じます。

 

しかし、その分、ウキが潮をキャッチしているので、長いこと仕掛けとマキエが同調しているので、釣れる可能性は高いのです。

 

デュアルウェイト構造により、理想的な高重心を実現
仕掛けを適度に張り、穂先からツケエまでを一直線にすることが釣果アップの秘訣の一つである全自動釣法。高重心構造採用のオールフリーはラインテンションに素早く反応して角度を変え、仕掛けに余計な抵抗を与えません。

 

仕掛けに張りを与える事は基本です。その基本を行いすように、このウキは高重心です。ウキの多くは低重心のウキが多い中で、高重心のウキも使ってみると良いですよ。

 

水中姿勢と感度にこだわったオリジナルシェイプ
中央部をやや膨らませ、頭のカットを鋭角にした独特の形状を採用。しっかりと潮を受けて水中で安定する形状でありながら、ターゲットのわずかな引き込みにもすかさず姿勢を変化させて、自然な食い込みを促進します。

 

ま、この辺は長年の経験からの作者の意図なので、この意図を理解しながら使ってみると、また違う使い心地があると思います。

 

これが安物にはない、ウキの面白さだと思っています。

 

激安品を探す!
↓  ↓
ヤフーショッピングのオールフリー一覧

 

楽天市場のオールフリー一覧

 

 アマゾンのオールフーリー一覧