釣研のツインフォース全遊動とは?使い方は?

釣研のツインフォース全遊動とは?使い方は?

釣研のツインフォース全遊動とは?使い方は?このウキが、ツインフロート全遊動釣法の基本モデルです。

 

ツインフロートで釣ってみたいと思ったら、このウキからでしょう。

 

ツインフォース全遊動

まずは、ツインフォースと言うウキを見てみましょう。

 

 

次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。

 

上下一体で飛行するためトラブルが激減
投入から着水まで上下のウキが完全に一体となって飛行します。そのため、重心が分散することによる糸がらみや、飛距離ダウンの心配がありません。

 

下ウキはオキアミと同じ速度で沈む000号の浮力設定
全アイテムとも、下ウキはオキアミと同じ速度で沈降する000号浮力を採用。ツケエがマキエと一体となって沈むため、警戒心の強いターゲットも安心してツケエを食い込みます。

 

小型化された上ウキがわずかなアタリもキャッチ
極限まで小型化された上ウキは水面で浮き、ウキ止めなしでもわずかなアタリを釣り人の元へ知らせます。ボディ全体がオレンジ1色でカラーリングされていますので、足場の低い磯でも視認性は抜群です。

 

ここまで、釣研メーカーの商品説明を一気に紹介しました。

 

このウキは、とても道理に適ったウキと言えます。仕掛けを投入する時は、2つのウキが一体になっていて、着水すると下ウキがオキアミと同じ速さで沈んでいくという、とても素晴らしいウキです。

 

着水すると、上ウキと下ウキは分離して、上ウキは当たりをキャッチする当たりウキになります。

 

そして、下ウキは潮をキャッチして、コマセと同じ速さで、できるだけ長い時間を同調させながら、沈んでいくのです。

 

ほんの一昔前は、同じ大きさのウキをダブルセットして、一つは当たりウキ、もう一つは沈むウキと言う、まさにツインフォースの原型の釣法で釣っていました。

 

ただ、このダブルウキでは、どうしても強風によっては、絡みやすかったりと、使いにくさもありました。

 

それをこのツインフォースは、絡みも軽減されて、当たりウキも小型になって、当たりが取りやすくなったと言えるウキです。

 

初心者にも釣りやすくて、尚且つ、釣れ易いと言えるウキだと思います。

 

狙う距離やフィールド条件によって使い分けるM、Lの2サイズ
体積・重量の異なるM、Lの2つのボディサイズ(下ウキ)をラインナップ。狙う距離に応じての使い分けが可能です、また、荒れ気味の天候で仕掛けをより安定させたい時にはLサイズ、ナギ場での食い渋りにはMサイズといった、状況に応じての使い分けも可能です。

 

ま!あとはサイズの問題だけですね。基本は”M"からで良いと思いますよ。

 

激安品を探す!
↓   ↓
ヤフーショッピングのツインフォース全遊動一覧

 

楽天市場のツインフォース全遊動一覧

 

アマゾンのツインフォース全遊動一覧