釣研のトーナメントゼクトSとは?使い方は?

釣研のトーナメントゼクトSとは?使い方は?

釣研のトーナメントゼクトSと言うウキとは?使い方は?

 

近場から中距離までを専用に狙うのに威力を発揮するウキです。

 

トーナメントゼクトS

まずは、トーナメントゼクトSと言うウキを見てみましょう。

 

 

次に、釣研のメーカーの商品説明です。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このウキの使い方のイメージができると思います。

 

瀬際から中距離の喰い渋るターゲット専用のSサイズ
Sサイズは魚の警戒心が最も強い、瀬際から中距離攻略専用の小粒モデルです。いったん咥えたツケエを離させることなく、スムーズな食い込みを実現します。

 

入水時のブレが少ない形状でツケエの違和感ない喰いこみを実現
ターゲットのわずかな引き込みにもボディが素直に追従。魚がツケエを離してしまう原因の一つである、左右への余分なブレやふらつきが少ない形状を追求しました。

 

画像では解りにくいですが、サイズは小粒です。近場で食いが悪い時に使いたいウキです。

 

警戒心が強い時に、ウキの着水音もできるだけ出したくない時にも、この小粒タイプはメリットがあります。また、食いが悪い時に、食い込みが良いのも小粒です。

 

食い渋い時に使いたいウキですね。

 

自然な糸落ちを演出し、あらゆる釣り方に対応した上下異径のリングを搭載
上部リングと内部のパイプ径をφ2.5mmに設定する一方で、下部リングにはφ2mmを採用。全遊動で使った場合にはアタリを確実に伝えると同時に、なるほどウキ止めなどを併用した半遊動仕掛けにも対応した構造です。刻一刻と変わってゆくフィールドの状況に合わせ、即座に最適な釣り方をチョイスできます。

 

浮き上がりが少なく、スムーズな糸落ちを促進する頭部ディンプル
頭部に設けられたディンプルは沈め釣りの際に誘いを入れても浮き上がりにくく、ラインと糸穴との摩擦抵抗も低減されるためスムーズな糸落ちを実現します。

 

ポケットの中で見分けがつきやすく、視認性にも優れた2色のトップカラー
Mサイズとの併用時、ポケットやケースの中で瞬時に見分けがつき、視認性にも優れたスカーレット、マスカットのトップカラーを採用。ボディーのマジョーラ塗装と併せ、一刻の猶予も許されない競技会での素早い仕掛け交換をサポートします。

 

小粒タイプは、1種類2種類はウキケースの中に入っていると、渋い時にとても助かります。

 

激安品を探す!
↓   ↓
ヤフーショッピングのトーナメントゼクトS一覧

 

楽天市場のトーナメントゼクトS一覧

 

 アマゾンのトーナメントゼクトS一覧