オモリ

ウキフカセ釣りで使うオモリの種類と使い方と選び方

ウキフカセ釣り用のオモリは重要なアイテム!
どのような種類があるの?どのような時に使うの?どのように選んだら良いの?
オモリひとつで釣りの幅が広がります!

 

 

スポンサードリンク

オモリとは?

オモリの種類と使い方と選び方

種類
釣りに使うオモリには、ガン玉、割りビシ、丸玉オモリ、板オモリなどと色々な種類がありますが、ウキフカセ釣りに使うオモリはガン玉です。

 

 

左がガン玉です。
 
サイズは何種類もあって、ウキとのバランスを考えながら使い分けます。
ガン玉は、形状が円形なので海中で潮の影響を受け難いので、クルクル回転する事があまりないオモリです。

 

フカセ釣りは、オモリを使わないか、使ったとしても極小のオモリしか使わない釣りです。なので、オモリの必要性は少ないように感じますね。

 

使ったとしても、極小のオモリしか使わないので・・・

 

しかし、軽い仕掛けで釣るウキフカセ釣りだからこそ、小さなオモリでも効果はかなり高いアイテムになります。

 

このオモリ一つの使い方で、釣果が雲泥の差になるほど必要なアイテムなのです。

 

ウキフカセ釣りで使うオモリはガン玉なので、ここからはガン玉とします。

ガン玉の大きさは?

ガン玉のサイズ

ガン玉のサイズ

ガン玉 ガン玉 サイズ 重量 段打ち 目的
6B 2.65 3B×2+2B 仕掛けを沈める
5B 1.85 B×2+2B
4B 1.20 3B+G3
3B 0.95 B+G1
2B 0.75 B+G4 ウキの浮力調整
B 0.55 G2+G3
ジンタン G1 0.40 G4×2
G2 0.31 G5×2 ハリスの馴染ませ
G3 0.25 G6×2
G4 0.20 G7×2 エサを沈める
G5 0.16  
G6 0.12  
G7 0.09  
G8 0.07  


ガン玉とは言いますが、ガン玉の中にも、”B”と言う表示と”G”があります。

 
Gをジンタンと言って区別します。ここで注意する事は、”B”は数字が大きくなるほどガン玉も大きくなって重くなります。

 

しかし、”G”のジンタンは数字が大きくなるほど小さくなります。つまり軽くなります。ここは勘違いしやすいので注意しましょう。

 

もう一つ間違いやすいのが、”B”+”B”が2Bだと思っている人が多いですが違います。上の表で重さを確認してみて下さい。

どんな風に使う?

使い方

ガン玉は、基本的にハリスに打ちます。その基準としては、ウキの浮力に合わせて打ちます。

 

ただ、大きいガン玉を一個を打つと、仕掛けはガン玉を先にして沈んで行きます。そこでガン玉を段打ちにしたりします。

 

段打ちとは、ハリスに2つ以上のガン玉を打つことです。

 

私は、大きいガン玉はあまり使わないで、小さなガン玉を段打ちして釣る事が多いです。

 

 

左のようなガン玉ケースを使うのを薦めます。
 
ガン玉はこのようなケースに入れておくと便利です。

どんなガン玉がいいの?

選び方

ガン玉は色々なメーカーから発売されています。このメーカーの違いによって重さが微妙に違う事があります。

 

繊細な釣りをしたいなら、あんまり安すぎるガン玉より、ちゃんとしたガン玉を選んだ方が良いです。

 

 

また、ガン玉を強くハリスに付けると、ラインが痛んでしまう事があります。
 
その痛み防止の為に、ラバーコート付のガン玉も販売されています。
 
このようなガン玉を使うのも良いでしょう。

 

 

ただ、私のオススメは左の釣研から出ているガン玉です。
 
ラバーコートで尚且つ、サイズが色違いになっています。
 
色で一目でサイズが解るので釣っていてとても便利に感じます。

 

プチテクとして、ガン玉ケースに買ってきたガン玉を全部入れないようにしましょう。ガン玉ケースの中で、転がって割れ目が潰れてしまうのです。

 

半分くらいは届いた袋に入れて、半分をケースに入れておくのが良いです。

 

オモリの最安値チェック

 

楽天市場⇒オモリ

 

アマゾン⇒オモリ

 

ヤフーSP⇒オモリ

 

 

スポンサードリンク