シャク(勺)

シャクの種類と選び方

ウキフカセ釣り用のシャクは、コマセを投入するのに使うアイテムです。
どのような種類があるの?どのように選んだら良いの?
大事な大事なシャクを選びましょう。

 

 

スポンサードリンク

シャクとは?

シャクの種類と選び方

ウキフカセ釣りでは、コマセワークがとても大事で、それに関連したアイテムにおいては、とくにしっかりとしたものを選ぶように紹介したきました。

 

その中でも、このシャクは一番大事なアイテムになります。

 

当たり前ですが、コマセを投入するのはこのアイテムのシャクだからです。

 

まずは、ウキフカセ釣りに使うシャクを見てみましょう。

 

  左のがウキフカセ釣りに使うシャクになります。

 

シャクを選ぶ基準は、柄の長さとカップの大きさが選ぶ基準です。

 

その外に、カップにコマセがくっ付きやすい素材なのか。くっ付き難い素材なのかがあります。

 

もちろん、くっ付き難い素材ものが良いです。

 

解り難いところですが、大事な部分としてはグリップなどもあります。

 

では、見て行きましょう。

 

まずは、シャクの長さです。ウキフカセ釣りのシャクに求める機能のひとつに、遠投が出来る事というのがあります。

 

コマセを遠投するときは、50m先にピンポイントでコマセを撒きたい状況も多々あります。この時に、遠投できるか出来ないかの要素は、柄の長さが関わってきます。

 

柄の長さが短いシャクで、50mも遠投しようと思っても不可能です。やはり柄の長さは必要になります。

 

とは言え、あまりにも長すぎると、通常では使い難くくもなってしまいます。

 

そこでオススメは、60cmです。始めての一本としては使いやすい長さです。

 

遠投も出来ますし、通常に使うにもとても扱い易い長さと思います。もちろんあなたの身長にもよりますが、まずは60cmくらいを選ぶと良いと思います。

 

次に、カップの大きさです。カップの大きさはS・Mなどの表示があります。私としては、始めはMサイズを買って、少し慣れて来たら2本目として、Sサイズを用意すれば良いと思います。

 

もちろん一本でも大丈夫ですが、海とお魚さんの状況に合わせて使い分けたい事も、場数を踏むと出てくると思います。

 

そんな時に、買い足すくらいで良いです。

 

カップには、もうひとつ選ぶ基準として大事なのが、カップの素材です。コマセがくっ付き難い素材のものが良いです。

 

最後に、グリップの状況です。滑りにくいなどは当然として、私としては、一回一回シャクを見なくても、カップの方向が解るグリップがとても好きです。

 

どのようなグリップかと言うと、下記になります。

 

 

グリップを見て貰うと解りますが、握った瞬間にカップの方向も解るのです。
 
これが、グリップが丸くなっていると、握っただけでは解りません。
 
そこで私は、このように握っただけで方向が解るシャクを好んで使っています。

 

上記のシャクは、デュエルのTGマジックと言うシャクですが、私はこれが気に入っています。

 

ホントは、シャクは大事な要素なので良いものを欲しい気持ちもありますが、シャクにあまりお金を使いたくないなと思っています。

 

そこで色々と使っていくなかで、お手軽価格で使いやすいと思って、最近はこればかりです。

 

2千円もしないので、お手軽で使いやすいシャクとしてオススメですね。

 

シャクの最安値チェック

 

楽天市場⇒シャク

 

アマゾン⇒シャク

 

ヤフーSP⇒シャク

 

 

スポンサードリンク