ダイワのトライソとは?どんなリール?

ダイワのトライソとは?どんなリール?

ダイワの磯のレバーブレーキタイプの中では一番リーズナブルのリールです。

 

リールは精密機械なので、最低このクラスから使った方が良いです。

 

トライソ

まずは、トライソと言う竿を見てみましょう。

 

 

次に、メーカーの商品説明を引用します。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、このリールの使い方のイメージができると思います。

 

優れた快適性能とアンチトラブル性能を誇る
ウキフカセエントリー用スペシャルモデル。

マグシールドを搭載し、初期の回転性能維持が向上した3代目トライソ。エアローターやUTD(アルティメット トーナメント ドラグ)を採用し、釣獲力も飛躍的にアップした。スキルや用途によってLBとノンレバーを2通り使える「2500D LB+」をラインナップ。セパレートレバーシステムにより、オプションのカラーレバーと交換可能。

 

“最初の1台”だからこそ大事なんだ。
エントリー用のスペシャルモデル・トライソが、さらなる快適性能を携えてデビューした。逆テーパーの強いファストテーパースプールにより糸落ちやバックラッシュを軽減。先端テクノロジーであるマグシールドを導入し、メンテナンスに不慣れな人でも塩噛みなどによる回転性能の低下を回避できるようになった。トライソのみに設定した「2500D LB+」は、レバー操作に慣れない人のために、ドライバーひとつでLBとノンレバーを切り換えられるアイテムである。使いやすさをとことん追求したものを……。そんなダイワの主張が具現化したもの、これこそがトライソなのである。

 

レバーブレーキタイプとしてはリーズナブル!とは言っても1万円の後半はしますので、お安くはないです。

 

ただ、磯釣りで大物と対峙するにはやはりブレーキタイプは必要です。このブレーキの操作性も磯釣りをおもしろくしてくれる一つになっています。

 

一気に竿をのされた時に、レバーで瞬間的にラインを出して、のされた分を竿を起こしてのやり取りが、また楽しいです。

 

初心者で安いリールを使っていた人が、初めてのレバーブレーキタイプを選ぶのに良いリールです。中級者くらいまでは十分に楽しめるリールです。

 

人気ショップ3選
ヤフーショッピングのトライソ一覧

 

楽天市場のトライソ一覧

 

アマゾンのトライソ一覧