ダイワのドライマックスとは?どんな竿?

ダイワのドライマックスとは?どんな竿?

ダイワの中通しの竿の中で、中の上といったクラスです。超撥水加工とVジョイントの滑らかな曲がりとネバリを持った竿と言えます。

 

プレッサドライの上位版といった竿です。

 

満足するクラス

ドライマックスは価格的には3万円前後してきます。初心者の始めての1本としてはもったいないクラスです。

 

安めの竿で楽しんでいた人が、もう少し良い竿が欲しいかなと思った時に検討したいクラスと言えます。プレッサドライをワンランク上にしたもので、竿の曲がりをスムースにして釣り味を向上させたり、お魚をグーンと浮かせてくるネバリを実現したと言える竿です。

 

多くの人が満足できるクラスの竿です。

 

ドライマックス

まずは、ドライマックスと言う竿を見てみましょう。

 

 

次に、メーカーの商品説明を引用します。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、この竿の使い方のイメージができると思います。

 

荒磯に立つ猛者達へ贈る、珠玉のインターライン磯上物竿
時代を経て熟成・進化したダイワロッドテクノロジーをまとった新生ドライマックス。これまで以上の使いやすさと高性能をめざし、スムーズな節の曲がりが理想の調子とパワーアップを実現する「V-ジョイント」を搭載。ガイドの糸ガラミを解消して、簡単・便利・快適な操作性を実現しワンランク上の磯釣りを演出。スタンダードモデルはシャープな振調子を実現。タメているだけで魚が暴れずに浮いてくる粘り強いパワフルさが自慢のオールラウンダー。離島「本流=HR」モデルの元・元上は大型魚を意識した粘強パワー設計となっている。

 

良い竿はネバリがあります。大きなお魚がヒットして竿がグーンと曲がった状態から、余計な事をせずとも竿のパワーでお魚を浮かせてくる力です。

 

これは硬いのとは違って、ジワ〜と引き上げてくる力です。そのパワーを持った竿と言えます。

 

特徴

全エリア対応のスタンダードモデル

1号:細ハリスで攻めるチヌ・グレ調子
1.2号:鋭敏さと切れ味の口太グレ調子
1.5号:繊細かつ強靭に攻める口太・尾長調子
1.7号:敏腕でタフな使用を想定した離島モデル
2号:50cmオーバーの尾長をターゲットにしたスタンダードシリーズ最強のモデル

離島の大物に威力を発揮する遠征モデル
3号HR:軽量かつパワフルで60cmクラスの尾長や青物に威力を発揮するタフな1本

 

ネバリとパワーのある竿は、自分が買いたい竿のワンランクしたの硬さでも良いと思います。私は友人などに付き合って竿を買う時には1.2号を薦めます。

 

堤防、地磯、沖磯でも40cmくらいのメジナまでは十分すぎる程、対応できます。

 

扱いやすく使いやすい竿です。

 

そろそろ良い竿が欲しい人!2本目3本目で検討している人!そんな人におススメの1本です。

 

下記のショップで探してみて下さい。安いものが見つかります。
↓    ↓
ヤフーショッピングのドライマックス一覧

 

楽天市場のドライマックス一覧

 

 アマゾンのドライマックス一覧