ダイワのプレッサドライとは?どんな竿?

ダイワのプレッサドライとは?どんな竿?

ダイワのプレッサドライは中通しの竿です。価格は2万円くらいでクラスで言えば、中堅といったポジションでしょう。

 

初心者にもおススメの1本です。

 

高くても安い?

初心者に2万円くらいの竿は高いかも知れません。ただ、中通しで選ぶと最低このクラスは選びたいです。。

 

『取りあえず安い竿でイイや!』と購入すると、だいたいはすぐに使わない竿になって、結局は安物買いの銭失いになってしまいます。

 

しかし、このクラスの竿を選んでおけば、初心者から中級まで十分に満足して使える竿になります。始めは高く感じても、長く愛用できると結局は安く感じられます。

 

プレッサドライ

まずは、プレッサドライと言う竿を見てみましょう。

 

 

次に、メーカーの商品説明を引用します。メーカー側の商品説明や、使い方、コンセプトなどを見た方が、この竿の使い方のイメージができると思います。

 

超撥水DRYの優位性を実感。低重心設計で持ち重り感が少なく抜群の操作性を実現。
超撥水DRYを1〜4節(遠投は1〜3節)に搭載しているのでハイレベルな糸放出性能を実現。繊細な仕掛けや軽いウキ(5g程度)もスムーズに使えます。また、不意の大物にも対応する粘りと秘めたパワーを兼ね備えた調子に仕上げている頼れる1本に製竿。

 

中通しの竿は竿の中の撥水加工が命です。糸の出が悪い竿など最悪なので超撥水DRYの糸の出がスムースな竿をです。

 

超撥水ドライとは
物体と水滴との接触角は驚きの165゜。この撥水加工面に水を落とすと、その瞬間に水滴は小さく砕け散り飛散し、そこに水滴が存在することすら拒絶する。もはや水を弾くという概念から外れた、ロッド内面にほとんど水滴が触れない高いレベルの撥水性能。この撥水性能とリニア構造を組み合わせたのが“超撥水ドライ”これによりラインとともにロッド内面から弾かれた水滴までもが一気に排出され、約5gの負荷ですらスムーズに遠投することができる。

 

メーカーからはこのように説明されています。確かにかの特殊加工は優れものだと感じられます。長時間釣っていると多少糸の出に不満が出てきますが、それでも十分に満足できる範囲です。

 

波止から磯のフカセ釣りにも対応した磯上物竿のスタンダードモデル

1号
大型黒鯛から口太グレまで対応。適度な張りが魚を掛けた時の安定感に繋がり、不意の大物にも十分対応できる粘強調子。

1.5号
大型口太グレや尾長グレまで対応。ここぞという時に頼りになる1本。

2号
40cmオーバーの尾長グレがターゲット。タメて勝負できるパワフル調子。

 

これ以外にも3号などはありますが、離島に行く人やヒラマサ狙いでなければ関係ないので載せません。2号は1号、1.5号を持っている人が買うには良いですが、初めての1本なら1号が良いです。

 

少しアベレージ良い場所に釣りに行く人は1.5号です。

 

初心者から中級者が中通しの竿で、初めての1本や安い竿から良い竿にしようかな?と探している人には価格的にも最適だと思います。

 

中級者くらいまでの人には十分満足できる1本だと思います。

 

出来るだけ安いのを探してみようかな?と思っている人は下記のショップで探して下さい。
↓   ↓
ヤフーショッピングのプレッサドライ一覧

 

楽天市場のプレッサドライ

 

アマゾンのプレッサドライ一覧